ライバル強すぎ!
どうすれば競合他社に勝てるの?

競合他社に勝ちたいと思う女性

それは、現地調査をして、
ターゲットとなるお客さんを絞り込む

いわゆるペルソナマーケティングをやることです。

なぜなら、
お客さんを絞り込めば、

その分野であなたのお店はプロフェッショナル!
ライバルに負けることがないから。

つまり、ブルーオーシャンだからです。

じゃあ、一体どうやって絞り込んだらいいの?
ターゲットの絞り方に疑問の女性

っていうと
それが、この7つの絞り方です↓

【ライバルに負けないターゲット客層7つの絞り方とは…】

  1. お客さんを年齢性別で絞る
  2. 居住エリアで絞る
  3. 所得、資産で絞る
  4. お客さんのニーズで絞る
  5. お客さんの職業で絞る
  6. 家族構成で絞る
  7. その他で絞る

以上の7つでお客さんを絞り込みましょう。

そして、あなたのライバルと差別化し
あなたの勝てる土壌で勝負しましょう。

これさえできれば、
ライバルに負けることはありません。

ぜひ最後まで読んでみてください。

では、解説です。

スポンサーリンク



まず最初に、

1、お客さんを年齢性別で絞ろう

では、お聞きします。

あなたのお客さんは誰ですか?

男性ですか?
女性ですか?

ゾンビですか?
ゾンビの男性

若いですか?
お年寄りですか?

赤ちゃんですか?
ターゲットとなる赤ちゃん

当たり前のことだけど
それが漠然としていたらコンセプトがずれてしまいます。

誰か一人の人に売るつもりで
年齢、性別を決めていきましょう。

たとえばこの子↓
顧客ペルソナとなるOLの女性

なんていいかも。
(すみません、私が好みなだけです、笑)

それから、

2、居住エリアで絞る

あなたはどこに住んでいる人に売りますか?

  • 商業地
  • 学生街
  • 観光地
  • 住宅街
  • 駅前
  • オフィス街

あるいは、
・南極
南極のペンギンのイメージ

っていうのは冗談です、笑

それから、

3、所得、資産で絞る

お客さんの持ってるお金、
そして、使ってくれるお金、
すなわち客単価はいくらでしょう?

お金持ちとわれわれ一般庶民の金銭感覚は違います。

ガッ、ハ、ハ、ハ!
庶民と金銭感覚が違うイメージ

こういう人もいます。
またこういう人もいます↓
起業の資金がない男性

どんな人にあなたのお店やサイトに来て欲しいですか?

しっかり決めてみてください。

さらには、

4、お客さんのニーズで絞る

何を目的にやってくる客が多いのか

どんな志向があるのか

なんとなくでいいので、お客さんの趣味嗜好を絞ってみましょう。

こんな趣味もいいですよね↓
変わった趣味をもつ女性

少なくとも私は好きです!!

また、

5、お客さんの職業で絞る

あなたのお店やサイトにくるお客さんはどんな職業ですか?

  • 学生
  • サラリーマン
  • 主婦
  • 公務員
  • 飲食業
  • 工務店や作業者

など、職業別で絞ってみましょう。

こういうエンジニアを想定してもOK↓
仕事がやたら楽しい男性

それから、

6、家族構成で絞る

あなたのお客さんの家族構成を考えてみましょう。

たとえば、

  • シングル
  • カップル
  • ラブラブ
  • 子もち
  • 大家族

どんな家族構成でしょうか。

こんな家族構成?↓
大家族で食事をする様子

それとも、
こういう家族構成?↓
ラブラブのカップルのイメージ

7、その他で絞る

ここまでにあげた・・・

  • 年齢
  • 性別
  • 職業
  • 経済力
  • 家族構成

の他に

・学歴
・ライフスタイル・価値観
・趣味

あるいは、
・曜日、時間帯で絞る

人が多くなる時間帯
少なくなる時間帯

さらには、
・商品・サービスで絞る

・主力製品
・サービスの種類と価格
・セールス

で絞るのもいいでしょう。

それができるとたった一人のお客さんに絞ることができます。

そして、そのたった一人に売るつもりで商売してみてください。

へい、いらっしゃい!
屋台でたこ焼きを売る女性

そうすると、ライバルに負けないくらい圧倒的なファンがつくはずです。

それが、ペルソナマーケティングです。

・・・

さて、いかがでしたでしょうか。

以上の7つの絞り込み方でもうバッチリですね。

ぜひ、今後の事業の運営に活かしてみてください。

あと、こちらも参考までに↓
【関連記事】お客様からモテモテ!7つのセールステクニック

【関連記事】顧客満足度200%の儲かるマーケティング7つの方法

【関連記事】オフィスや店舗、事務所を構える前に注意すべき6のこと

これらを読めば、さらにライバルに負けることはないでしょう。

では、今回はこれで。
また次回もどうぞお楽しみに。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク