起業したいけど、
一体どんな許認可や届出が必要になるの?

わかりませ〜ん!
起業に必要な許認可に疑問の女性

となると…

免許がないじゃないの?
逮捕する!

無免許で警察官に逮捕される男性

となります。

なので、
あなたがこれから起業を考えているのなら
その前に最後まで読んでチェックしてみてください。

今回お話するのはこの5つです。

  1. 許認可を受けるべき業種(34種)
  2. 届け出が必要な業種(12種)
  3. 登録が必要な業種(5種)
  4. 免許が必要な業種(3種)
  5. 資格が必要な業種(3種)

以上の5つ。

これを読んで、

あとでトラブルにならないように
当てはまるものがあればチェックしておきましょう。

では解説です。

スポンサーリンク



まずは、

許認可を受けるべき業種とは…

ところで、
そもそも許認可ってなに?
許認可がわからない女性

と思いませんか?

許認可というのは
ズバリ、審査が必要なものです。

審査が必要であり、
主に以下の5箇所、

  • 保健所
  • 警察署
  • 都道府県庁
  • 労働局
  • 運輸局

に受付窓口があります。

そして、

保健所の許認可が必要な業種としては
以下のもの

  • 飲食店(飲食店営業許可)
  • 喫茶店(喫茶店営業許可)
  • 居酒屋
  • 食料品販売
  • 食肉販売業
  • 魚介類販売業
  • 菓子・パン製造業(菓子製造業許可)
  • 動物の飼育関係
  • 旅館業(ホテル・旅館・民宿など)
  • 公衆浴場
  • 病院
  • 診療所
  • 薬局

が…

あっ、私のお店もだ〜
薬局で営業販売を行う女性

あり、

警察署(公安委員会)の許認可が必要になるのは…

  • 中古販売、リサイクルショップ、中古車販売、古書店(古物商許可)
  • キャバクラ、バー、スナック、ナイトクラブ(風俗営業許可)
  • ゲームセンター、麻雀店、パチンコ店

が…

ゲームセンターは警察署ね、おっけ〜
ギャンブルのパチンコをやる男女

あります。

あと、たばこ販売に関しては財務省財務局長に
「製造たばこの小売販売業の許可」が必要
になります。

たばこもかぁ…
煙草を吸う男性

国土交通大臣に許可が必要なのは

  • タクシー業
  • 建設業
  • 宅地建物取引業

です。

運輸局長に許可が必要なのは、

  • 自動車分解整備業
  • トラック運送業
  • 個人タクシー業

都道府県知事に許可が必要なのは、

  • 産業廃棄物収集運搬業
  • 産業廃棄物処分業
  • 介護事業
  • 建設業

ふむふむ、
建設業は都道府県知事か、
あるいは国土交通大臣ね!

起業したい建設家の女性

これらはあくまでも一例です。

それから、

届け出が必要な業種

届出とは、
所定の書類を提出するだけでOKのもの。

しかも、審査なし

審査なしならやってみよっかな
審査なしの書類を作る男性

で、

届け出が必要なのは一例としては…

  • クリーニング店
  • コインランドリー店
  • 美容店
  • 理容店
  • 製菓販売業
  • あん摩・ハリ・灸・マッサージ業

があります。

なるほど、私も届け出必要なのね…
はい
美容室で起業予定の女性とお客

これらは保健所に届け出る必要があります。

公安委員会(警察)に届け出るのは「探偵業」
運輸局長に届け出るのは「軽トラック運送業」
厚生労働大臣に届け出るのは「特定労働者派遣事業」
都道府県に届け出るのは、

  • 自動車駐車場
  • 農薬販売
  • 飼料販売

です。

なるほど!探偵業は公安か!
探偵業の許認可を得る男性

また関係ないですが、

個人事業主になったのなら、
以下のものを税務署に届け出ましょう。

  1. 個人事業の開業・廃業等届出書
  2. 事業開始等申告書
  3. 所得税の青色申告承認申請書
  4. 青色事業専従者給与に関する届出書(必要に応じて)

個人事業主になったら、
こちらも参考までに↓

起業・開業のやり方、具体的な7ステップとは…

それから

登録が必要な業種

登録については、
主に3つ

国土交通大臣に登録が必要なのが、

  • 旅行業
  • 倉庫業

都道府県知事に登録が必要なのは

  • 旅行業(国土交通大臣でも可)
  • 旅行代理業
  • 賃金業(または財務局長)

警察(公安委員会)に登録が必要なのが

・警備業

です。

よし、警備は俺に任せろ!
警備するセキュリティ会社の男性

あと業種以外では、
自分のビジネスのホームページのドメイン登録することが大事です。

やっておかないとあとあと後悔します。

よし!やる!
ドメイン取得する男性

また会社設立の場合、
法人登記が必要
になります。

司法書士などに相談してみましょう。

法人登記やったるで〜、俺に任せな!
会社経営に詳しい司法書士の男性

そして、

免許が必要な業種

免許は試験や条件があるものです。

合格しないともらえません。

都道府県庁で免許を取得する必要があるのは、

  • 不動産業(宅地建物取引業の免許)
  • 通訳案内業

そして酒類の販売は国税局(税務署)の免許(酒類販売業免許)が必要です。

うぃ〜、なんだって?
酒の許認可を受ける男性

最後に、

資格が必要な業種

資格についてはここには書ききれないので
別の記事にあげておきます。(ただいま作成中です)

なお、資格には3種類

  • 国家資格
  • 公的資格
  • 民間資格

があるので覚えておいてくださいね。

・・・

さていかがでしたか。

あまりにも多すぎて混乱してるかもしれませんが、
何か参考にはなったでしょう。

ぜひ今後の起業にお役立てください。

は〜い!
はいと返事をする女性

あっ、起業といえば
こちらの記事もぜひ参考にするといいですよ〜↓
【関連記事】事業計画書で好感度UP!絶対書きたい5つのこと

【関連記事】起業開業の準備に必要な7つのものとは…

【関連記事】起業に向いていない人の7つの共通点とは…

そんなわけで
いつも読んでくれてありがとう。

また次回の記事もどうぞお楽しみに。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク



追伸です。
ここに書いたのはあくまでも一例です。
詳しいことは各関係省庁にお問い合わせくださいね。
では!