どうしたらお客さんに喜んでもらえ、
そして、もっと売上を増やせるのだろう…

う〜ん
どうしたら売れるか考える男性

その答えがマーケティングです。

マーケティングとは、売る仕組みを作ること。

もっといえば、
マーケティング=儲かる仕組み作りです。

いま実際に商売をしている人も、
これから商売をしようと思っている人も

これを知っていればもっとお客さんに喜ばれて
「あなたのお店で買えてよかったわ!」
顧客満足度が高い女性

と言われること間違いなしでしょう。

で、今回お話するのは、以下の7つです。

それが、これ

  1. 売り込むのをやめること
  2. お客さんに選ばせる
  3. 相手を好きになること
  4. とにかく提供、そして提供
  5. 相手の期待を裏切ろう
  6. 徹底したアフターフォロー
  7. おまけをつける

これらをやるだけです。

どうぞバカにせず最後まで読んでみてください。
そしてやってみてその効果をお試しあれ!

では、解説です。

スポンサーリンク



まずは、

1、売り込むのをやめること

ほとんどの人がここで失敗してます。

と、いう私も昔はそうでした。
とにかく売りたい!
とにかく売りたい男性

そればっかりを考えていましたが、
お客さんもバカではありません。

あなたが売ろうとすればするほど
(やばい!なにか買わされる…)
店員から逃げ出す男性

と思って逃げていきます。

だから、マーケティングの基本前提として
絶対に売り込まないこと!

これをどうか忘れないでください。

じゃあどうすればいいのかというと、

2、お客さんに選ばせる

まさにこれです。

お客さんが自分で選ぶように仕向けるんです。

これにしようかな?
買い物を自分で選ぶ男性

そうやって決めたものはまず間違いなく満足してます。

なぜなら、「認知的不協和理論」に基づいて、
「これは自分で選んだものだ!だから間違いない!」
買ったものに満足する男性

と自己説得してくれるからです。

じゃあどうやって選ばせるの?

かというと
「ダブルバインド」といって、2択に迫る方法があります。

AとBがありますが、どちらがよろしいでしょうか?
どちらが良いか聞く店員の女性

そうすると、
AかBを自分で選ばせることができ、納得して買ってもらえることでしょう。

ぜひお試しあれ!

それから、もっと顧客満足度を上げるには、

3、相手を好きになること

これもすごく大事です。
なぜなら、お客さんは店員さんにもっと愛されてほしいと願っているから…

もっと挨拶をしてほしい
もっと客として扱ってほしい

と潜在的に思っているんです。

だから、顧客満足度を上げるためには、

自分からお客さんを好きになること。

これに尽きます。

お客様、だいすき〜
お客が大好きな女性

↑これはやりすぎですが、笑

まぁ、意識としてだけでもお客様を大好きになりましょう。
そうすればお客様に好かれることも間違いなし。

これをマーケティングでは、「好意の返報性」といいます。

覚えておいてね!

それができたら

4、とにかく提供、そして提供

どんなに小さなことでも構いません。

お客さんに喜んでもらうには何ができるだろう?
お客さんに喜んでもらおうと考える少年

と考えて、それを実行してください。

つまり、価値提供です。

これができるか、できないかが売上が上がるか上がらないかの分かれ道。

最初は自分が損してもいいので、どんどん価値提供。

それがあとになって何倍にもなって返ってきます。

これをマーケティングでは「返報性の法則」といいます。

与えれば与えられる、ってことですね。

そして、

5、相手の期待を裏切ろう

いまいった価値提供ですが、ただ与えるだけではもったいない

そうではなく、相手の期待を裏切るくらいにすごいことをやるんです。

そうすると、
すっげ〜、このお店すっげ〜
接客に感動する女性

と感動されてリピーターにもなります。

そして、もちろん口コミにも発展して
より多くのお客さんを呼び込むことでしょう。

ぜひ、あなたの強みを生かして、相手の期待を裏切るくらいの価値提供をやってみてください。

なお、これはマーケティング用語で「期待不一致モデルの法則」と言われてます。

あなたはどんな期待を裏切りますか?

それから、

6、徹底したアフターフォロー

売りっぱなしでは一度はお客になってもリピーターになることはないでしょう。

大切なのは買ってくれたときではなく、買ったあとです。

多くの人が勘違いしているのはここです。

買ってくれたからもういいや、、、
アフターフォローをしない女性

ではお客さんもがっかりです。
そうではなく、アフターフォローを。

メールや電話をするでもいいし、
またお店にきてくれたときに前回買ってくれたことを感謝し伝える
そんなことでいいんです。

要するにお客様をツールではなく人としてみるってことですね。

では、どんなアフターフォローがいいのか、というと、

7、おまけをつける

簡単なことですね。

なにか買ってくれたらおまけをサービスする。

そうすると、
(このお店で買うと得をするんだわ)
おまけをもらえて嬉しい女性

と思ってもらえ圧倒的なファンにすることができます。

さらにいえば、そのおまけ欲しさにお店をまた訪れてくれるでしょう。

なお、これをマーケティング用語で「おまけ効果の法則」といいます。

ぜひこのおまけ作戦をお試しあれ!

顧客満足度アップ間違いなしです。

・・・

というわけでいかがでしたでしょうか。

これなら自分でもできそう!と思ってもらえたのではないでしょうか。

そう、できます。
ぜひ今日から取り入れてみてくださいね。

それと、こちらの記事もよかったら↓
【関連記事】もっと簡単に儲かるために大切な7つのこと

【関連記事】7つのSEO集客法!ネットビジネスで簡単にアクセスアップ!

【関連記事】起業の際、届け出・許可・認可が必要になる業種のまとめ

では、今回はこれで。
また次回の記事もどうぞお楽しみに!

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク