お金が欲しい!
でも、時間も欲しい!

お金を手にする起業した女性

と思ってるなら方法は、
ただひとつ!

サラリーマンをやめ独立すること

すなわち起業することです。

もちろん、ビジネスですから

起業したら失敗するかもしれない…

そんな不安はついて回りますが、

しかし、他に方法がないのも事実です。

なぜなら、ご存知の通り、
サラリーマンが休めるのは土日だけだから

おいおいおい、まじかよ!
今週も土日が休めねぇのかよ!

仕事を休めないサラリーマンの男性

となってしまい、
時間的な自由を得ることが
サラリーマンでは不可能に近いからです。

その一方であなたが起業し独立すれば、
毎日が休みで毎日お仕事することだってできます。

やった〜自由に仕事できる・・・
自由時間にネットで仕事をする男性

ってことだって可能なんです。

ようするに
起業する=時間的な自由を得ることと同義ということ。

お分かりかな?
起業して経済的に自由な女性

では、いったいどうやったら起業できるの?

その方法をここではご紹介しましょう。

それが、これです。

経済的自由と時間を手にいれるために・・・
  1. まずは仕事をやめない
  2. 何をやるかをしっかり決めよう
  3. 十分な自己資金を用意しよう
  4. 脱サラ!仕事をやめよう
  5. 起業の種類を決めよう
  6. 個人事業主から始めよう

 
とっても簡単な話なので、
ぜひ最後まで読んで起業の手助けにしてみてください。

そうすれば、時間的にも経済的にも安心できる状態をつくれます。
いまの私のように・・・

あぁ、自由だ〜
自由を感じて空を仰ぐ女性

となれるでしょう。

では、解説です。

スポンサーリンク



で、

1、まずは仕事をやめない

これが大切です。
起業というとすぐに脱サラし開業しようと考えるものですが、
仕事をすぐにやめてしまうと収入源がゼロになりかねません。

やっべ〜お金がねぇ
脱サラでお金がない男性

と、なっては本末転倒です。

もちろん失業保険などをもらえるならいますぐやめてもいいけれど、
リスクが大きすぎます。

だから、
どんなにいまの仕事が嫌でもやめるのはちょっと待ちましょう。

その代わりできるのは準備です。

やるべきは仕事を辞める準備です。

これならすぐにできます。

では、具体的にはどうしたらいいかというと…

2、何をやるかをしっかり決める

つまり起業するにあたって
具体的なビジネスプランを立てることです。
ビジネスプランを立てる男性

自分は何になりたいのか?

・自営業?
・ネットビジネス?
・古物商?

なんでもいいけど、何をやっていくのかをわからずして
起業するのは無謀です。

だけど、具体的なイメージができているならOK。

いくら稼いで、いくら必要なのか

それをあらかじめはっきりさせておきましょう。

そして、計画していく上でもっとも大事なのは

3、十分な自己資金を用意しよう

どうしても最初に必要になるのはお金です。
ビジネスで必要となるお金

残念だけど、これは事実です。

すでに十分なお金があるのならいいのですが、
そうでなければ、親から借りるか
銀行から借りるか、
何があっても2年間は暮らしていけるだけの自己資金はしっかり用意しておきましょう。

それだけあれば万が一のことがあってもやり直せます。

自己資金がない状態では絶対に手を出さないでくださいね。

くどいですが、お金は大事です。

こちらも参考に↓
【関連記事】起業したいのにお金がない!それなら8つの資金調達法でお金を集めよう

そしていよいよ

4、脱サラ!仕事をやめよう

脱サラ、すなわち脱サラリーマン

会社に行ってこう言いましょう
「今までお世話になりました。」
電話で感謝を伝える男性

大切なのは円満退社です。
後腐れのないように…

そして、これまでお疲れ様でした。

これであなたも自由です。

円満退社についてはこちらも↓
【関連記事】モテモテ円満退社で起業したい、その7つの方法とは…

そして、ここからがスタートです。

5、起業の種類を決めよう

これを覚えておいてください。
起業には2つのスタイルがあります。

それが、
・個人事業主
・株式会社(法人)

です。

それにはそれぞれメリットがあります。
簡単にいうと

個人事業主

事業開始の手続きが比較的容易
確定申告などの会計処理が簡単
個人事業主の男性

株式会社

個人事業主よりも信頼されやすく融資を受けやすい
株式会社なので株を発行し一般の人から資金調達ができる
起業した株式会社のイメージ

など。

でも、私がオススメするのは
最初は個人事業主です。

なぜなら、とにかく簡単だから。
今日からでもなろうと思えばなることだってできます。

これですら最初はハードルが高いと思うかもしれませんが、
それは本当に最初だけ。

ではどうやったらいいのか。
それをこれからご紹介しましょう。

というわけで、

6、個人事業主から始めよう

まずは個人事業主から始めましょう。

では、どうしたら個人事業主になれるかということですが、
開業手続きに必要なものは以下の通りです。

開業手続きに必要なもの

・個人事業主開・廃業届出書
・印鑑(シャチハタ以外)
・銀行口座(新規に開設)
・住民票
・開業の事業名

具体的には以下のようにやってきます。

1、税務署へ行くか、国税庁のサイトから書類をダウンロード

お近くの税務署で書類をもらう、
または国税庁のサイトへ行き、書類をダウンロードしましょう。

国税庁のサイトはこちら↓
>>(外部リンク)国税庁の個人事業主開業届ダウンロードサイト

2、書類を記入し税務署に提出する

こんなイメージで↓
開業届を出すイメージ

書類を提出しましょう。
緊張することは何もありません。

3、届出書のコピーと印鑑、住民票をもって銀行口座を開設する

銀行口座をつくればこれでやることは完璧です。

たったのこれだけ。
これであなたも晴れて個人事業主です。

おめでとうございます。

・・・

というわけで簡単ですよね。

これで経済的、時間的自由を手にいれるための第一歩を踏み出せました。

ぜひ、これからの人生にワクワクしながら
楽しんでやっていってください。

では、最後にまとめです。

今回はこんな話をしました↓
  1. まずは仕事をやめない
  2. 何をやるかをしっかり決める
  3. 十分な自己資金を用意しよう
  4. 脱サラ!仕事をやめよう
  5. 起業の種類を決めよう
  6. 個人事業主から始めよう

 
ぜひ、もう一度読んで起業を成功させて自由を手にしてくださいね。

あと、こちらの記事もよかったら

個人事業主だからこそできる5つのビジネス業態とは…

在宅ビジネスで副業・独立しよう!そのための7ステップとは…

7つのSEO集客法!ネットビジネスで簡単にアクセスアップ!

では、今回はこれで。
また次の記事もどうぞお楽しみに。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク